ブログから、話題を知る、きざしを見つける

711日(水)に語られたマスネといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「マスネ」について語っているブログ
アンコール曲の定番とも言われ、通常はヴァイオリン独奏曲として弾かれますが、チェロやトランペットなどの版もあるとか。
ジュール・マスネはフランスの作曲家。
パリ音楽院の教授をし、「アルザスの風景」などの管弦楽曲や歌劇「マノン」「ウェルテル」など繊細で優美な曲を残しています。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/originalk/20180710#p1このブログを読む
バレエ『マノン』における例え幸福な場面であっても悲しみを湛え悲劇の展開を予想させる
マスネの甘美な曲の数々はどれを聴いても胸が締め付けられずにはいられません。
中でも2幕での娼館におけるデ・グリューのソロ前に流れるワルツはスケール感があり
cocolog-nifty.com endehors.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/2017...このブログを読む
プログラム:ヴェルディ「椿姫」
マスネ/タイスの瞑想曲
マスカーニ/「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
at.webry.info fantogeiko.at.webry.info/201807/article_5.ht...このブログを読む
分析するのではなく、音楽の中に入り込んで一体化するという印象だった。
続く『哀が散る』では、ショスタコーヴィッチの「ロマンス」、バーバーの「アダージョ」、ビゼーの「アダージェット」、マスネの「タイスの瞑想曲」を使用。
作曲家も異なり、それぞれ歴史が纏わりつく名曲ながら、母の死、慟哭、磔刑のキリストを思わせる受難、再生にぴたりと当てはまる。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/takuma25/20180705/1530778140このブログを読む
Basso Cantabileの聞き所の...2018年7月4日(水) 21:27
マスネ/チェロとコントラバスのための二重奏曲 ニ長調
「タイスの瞑想曲」で有名なマスネ、彼が何のためにチェロとコントラバスのために二重奏曲を書いたのか、理由はわからないのですが、2分の短い作品の中に、フーガのスタイルを採用した曲のキャラクターは極めてユニーク。
一度聞けば絶対に忘れられないわかりやすい旋律なので、2つの楽器によるフーガは面白く聞けることでしょう。
teacup.com blue.ap.teacup.com/hiratea/1338.htmlこのブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「マスネ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「マスネ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.