ブログから、話題を知る、きざしを見つける

217日(土)に語られたレッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」について語っているブログ
『マンハント』2018年2月17日(土) 10:36
あの頃、どんどん進化していくジョン・ウーから目が離せなくなった。
だが、アメリカに渡って何本かアクションの傑作を作った後、『レッドクリフ』2部作で頂点を極めたところで、キャリアは終わった。
こんな悲惨な映画はない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ponyasu007/e/90aac4ceabd7b9a3...このブログを読む
マンハント2018年2月16日(金) 12:16
監督 ジョン・ウー
西村寿行の小説を高倉健主演で映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』を、『レッドクリフ』シリーズなどのジョン・ウー監督がリメイク。
殺人の濡れ衣を着せられた国際弁護士と彼を追う腕利きの刑事が、真相の究明に奔走する姿を怒とうのアクションで描く。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/red-ginger/e/a3cc2aa088273e73...このブログを読む
マンハント ★★★2018年2月13日(火) 23:35
〜 〜 〜 〜 〜
西村寿行の小説を高倉健主演で映画化した伝説的名作『君よ憤怒の河を渉れ』を、『レッドクリフ』シリーズなどのジョン・ウー監督がリメイクした作品。
殺人の容疑者に仕立て上げられた国際弁護士にチャン・ハンユー、彼を追う刑事に福山雅治という日中の俳優のダブル主演によるサスペンス・アクション映画。
at.webry.info kaz-hiro.at.webry.info/201802/article_3.htmlこのブログを読む
「マンハント」2018年2月13日(火) 19:57
オリジナル版と比較することは止めて、ジョン・ウー監督が日本でアクション映画を作ったらこうなる、くらいの気持ちで観ると結構楽しめる。
ジョン・ウー監督はハリウッド大作を経て「レッドクリフ」を作るなど、ドラマを描く方向に変わってきていたと思っていた。
ところが本作では自身の出世作「男たちの挽歌」を意識してか、細かい人間ドラマは描かず、チェイス、銃撃戦の派手なアクションの繰り返しでひたすら1時間40分を突っ走るアクション映画に回帰したようだ。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/isobe007/e/1dd59e978f9eb36b46...このブログを読む
見どころ:
西村寿行の小説を高倉健主演で映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』を、『レッドクリフ』シリーズなどのジョン・ウー監督がリメイク。
殺人の濡れ衣を着せられた国際弁護士と彼を追う腕利きの刑事が、真相の究明に奔走する姿を怒とうのアクションで描く。
at.webry.info miha.at.webry.info/201802/article_8.htmlこのブログを読む
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.