ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1117日(金)に語られたおくりびとといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「おくりびと」について語っているブログ
父をおくる(抄)2017年11月17日(金) 01:17
やはり近所の人が10人ほど来てくれた。
僕は映画「おくりびと」を見ていないが、たぶん、その映画に出てくるようなことをやるのだろう、と思った。
白装束に着替え、お化粧をした父の前で、参加者全員が、一つの豆腐を切って食べる。
cocolog-nifty.com http://yossy-m.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-...このブログを読む
(6)"おくりびと"現れる2017年11月15日(水) 01:00
諸経費除いても、一時間5万円にはなるはずです。
映画「おくりびと」では料金がわからなかったのです。
本木雅弘と広末涼子か・・いいなあ。
blog.so-net.ne.jp http://katamahino-ayumi.blog.so-net.ne.jp/2017-08-2...このブログを読む
ラストレシピ 麒麟の舌の記憶2017年11月13日(月) 22:10
「料理の鉄人」の演出家・田中経一氏の小説の映画化。
「おくりびと」の滝田洋二郎監督と脚本が「永遠の0」の林民夫氏と知り、作品全体に漂う雰囲気に妙に納得しちゃいました。
観客も平日の午前中の割にはけっこう入っていて、山場にくると鼻をすする音があちこちから聞こえてきましたが、個人的には少しうるっとしただけで泣くまでには至りませんでした。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/anzu0609/e/82bf998a14028b7419...このブログを読む
ちゃんとした話であるだけに、ほころびが生じているところが非常に気になる。
監督は、「おくりびと」の滝田洋二郎さん。
しっかりした映画にされているが、もうワンパンチかツーパンチ欲しかった。
blog.so-net.ne.jp http://matoko.blog.so-net.ne.jp/2017-11-12このブログを読む
ヤフー映画の「解説」には以下のように書かれています。
『おくりびと』などの滝田洋二郎監督と『母と暮せば』などの二宮和也が初タッグを組み、幻のレシピを追い求める男の姿を描く感動作。
“麒麟の舌"と呼ばれる究極の味覚を持つ料理人が、戦時下の混乱の中で消失した伝説の“料理全席"を追い求めるうちに、約70年前のある謎に迫る姿を描写する。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/shins2m+new/20171111/p1このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「おくりびと」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「おくりびと」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.