ブログから、話題を知る、きざしを見つける

112日(金)に語られたアマデウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「アマデウス」について語っているブログ
映画「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」 (長野市相生座)
モーツァルトに関連した映画は、「アマデウス」がよく知られていますが、今回「プラハのモーツァルト」が制作され長野市でも上映されたので、観に行ってきました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/azuminojv/e/7f200dfaae7087191...このブログを読む
若くて溌溂として元気にあふれるモーツァルト。
「アマデウス」よりはこちらの方が実像に近いだろうが、ただ映画の登場人物としては魅力に欠ける。
「ドン・ジョヴァンニ」がプラハで初演されたことはよく知られているが、この映画は、ただドン・ジョヴァンニ的な悪漢が実際に存在したとしたら?・・という思い付きで作っただけに思える。
cocolog-nifty.com yuichi-higuchi.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
それに比べると、『プラハのモーツァルト』のモーツァルトは、繊細で情熱的な(まともな)イケメンの天才として描かれているので、違和感を感じる人はほとんどいないのではないだろうか。
ただし、映画の出来映え(構成・語り口など)やおもしろは『アマデウス』の方が数段上だと思う。
今年2018年は、モーツァルト生誕262年、没227年。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/18risorgimento61/e/3e27e18812...このブログを読む
Cinema "Interlude in Prague"
モーツアルト生誕260年記念の年に、『アマデウス』以降久々に制作された本格的モーツァルト映画。
1787年、オペラ「フィガロの結婚」上演のためチェコのプラハを訪れたモーツァルトが、その地で次のオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を作曲したという史実に基づいて着想され、全編がプラハでロケされました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/gifu3109/e/a7f697b5dc0e5ff13b...このブログを読む
ちなみに、オペラの題名「ドン・ジョバンニ」は「ドン・ファン」のイタリア語での言い方で、このオペラは『女たらし』の貴族が地獄に落ちるという物語です。
モーツァルトを題材にした映画というと、何と言っても「アマデウス」が有名ですが、実は1984年の作品です。
つまり30年以上前のものということになります。
blog.so-net.ne.jp lionbass3.blog.so-net.ne.jp/2018-01-08このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「アマデウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「アマデウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.